ホーム >  病院案内 >  ご挨拶

ご挨拶

西成病院 理事長 河口 義憲

西成病院 理事長/院長 河口 義憲  このたび当延山会は、平成25年9月1日より通常の医療法人から北海道知事の認可を得て、社会医療法人となりました。元来医療の目的は営利では無く、医療法人はその経営内容を医療法により制限されています。

 社会医療法人とは、医療の非営利性を高度に保ったまま、経営の透明化と効率化、また地域医療の安定化を目指す新しい制度です。
 延山会は3つの病院による通常の医療行為以外に、西成病院が僻地医療という公益性の高い医療に携わっていることにより、社会医療法人化が認定されたものです。社会医療法人の認定は全国で今まで203法人が、北海道では24法人が認定されており、今回これに続いての認定となりました。西成病院が手稲区曙の地で、地域に密着して急性期から慢性期、在宅医療まで一貫して手がけてから、丸23年になります。
3月には念願の新しい病院に生まれ変わり、更に機能的な医療環境となりました。

 また延山会発祥の北成病院は、開院より一貫して内科系特に循環器領域で、救急を含む医療サービスを提供してきました。苫小牧澄川病院は、急性期を過ぎた次の段階の患者さんの受け皿として、苫小牧の医療圏で現在まで実績をあげてきました。今回の認定により延山会は、更に社会のためになる組織で有り続けるため、職員一同いっそうの努力を惜しまない所存です。

 今後とも延山会とのお付き合い、ご支援を宜しくお願い申し上げ、社会医療法人認可に際してのご挨拶とさせて頂きます。

ご挨拶

西成病院 院長 西   研

西成病院 院長 西 研  当院が開院して早24年が過ぎ去りました。この間、様々な診療科の変遷がありましたが、近隣の患者様に信頼され、十分な医療」が受けられる病院として鋭意努力して参りました。
今後も地域に根ざした病院として医療に貢献していく所存であります。現在診療科目としては、循環器・呼吸器・糖尿病を代表とする内分泌・代謝・膠原病及び消化器内科を標榜しており、それぞれの専門医が勤務しております。
又河口理事長曰く、
「人間は個々の器官からなっているが、全身に張り巡られた血管が基本である。従って当院は血管を取り巻く様々な疾患を総体的に診ていく病院として存在していく」
との方針に従い、診療に邁進して参ります。

 当院は内科の病院でありますが、内科は広範囲の疾患を網羅しており、日進月歩の分野でもあります。高齢化社会を迎え、種々の疾患に対処していかなければなりません。これらの医療を実践していく為には建物が老朽化し、現在の建築基準に合わなくなった為病院を新築し、この度オープンする運びとなりました。高齢者にも優しい病院をも目指し、療養病棟も充実されております。より高度の治療にも対処していく所存です。更に予防医学の観点から健診にも今迄以上に力を入れていく予定です。皆様の期待に答えられる病院となって参りますのでご来院をお待ちしております。

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

ページのトップへ