ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > スナップエンドウの は・な・し

スナップエンドウの は・な・し

   スナップエンドウは、グリンピースをさやごと食べることができるように品種改良したもので1970年代にアメリカから日本に広まりました。成長してもさやが硬くならずに柔らかく豆類の中でも甘味が強いのが特徴です。栄養面では他の豆類と同様にタンパク質とデンプンが主成分ですが、βカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・食物繊維などが多く含まれます。体で作ることのできない必須脂肪酸の一つのリジンも含まれ、体の成長を促し集中力を高めカルシウムの吸収をよくする働きをしてくれるので成長期の子供には最適の野菜です。近年、注目を集めているのは、βカロテンとビタミンCの相乗効果による抗酸化作用で免疫力の低下を防ぎ動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の予防が期待されています。βカロテンを多く摂取出来るので皮膚や粘膜の細胞を正常に保ち、水溶性の食物繊維が整腸作用に効果的です。調理法はさっと茹でてサラダや炒め物等の様々な料理に使用され、お弁当の緑の食材としても重宝されます。

 

レシピ20170401②.jpg

     <スナッフエンドウと厚揚げのマヨ醤油炒め.pdf

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧