ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > いんげんの は・な・し

いんげんの は・な・し

   いんげんが日本に渡ってきたのは、1654年に中国からの帰化僧である隠元禅師によって伝来したといわれています。隠元禅師によって伝えられたことから「いんげん豆」と呼ばれるようになったようです。いんげんにはさやを食べる「さやいんげん」とさやの中の豆を食べる「いんげん豆」があります。さやいんげん(いんげん)には免疫力を高め風邪やがんの予防に効果が期待できるβカロテンが比較的多く含まれる他、食物繊維による便秘の改善や血圧の上昇を抑え生活習慣病の予防に効果があるとされるカリウム、貧血予防に効果的な葉酸なども含まれます。肝機能を高め、髪や肌を整える必須アミノ酸のリジンや、疲労回復やスタミナアップ効果のあるアスパラギン酸も含まれます。選ぶ際のポイントは豆の形がくっきり出ておらず、全体の太さが均一でピンと張りがあり、綺麗な緑色の物が良品です。いんげんは、乾燥に弱いので新聞紙などに包みポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。食べきれない時は、固めに茹でて冷凍保存も出来ます。

 

20170707.jpg

 

     < 201707いんげんのパルメザンソテー.pdf >

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧