ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > パプリカの は・な・し

パプリカの は・な・し

    色鮮やかなパプリカは、唐辛子やピーマンに極めて近い野菜ですが辛味が無く、

苦みが少なく甘いのが特徴です。パプリカの栄養は色によりそれぞれで、赤パプリカは唐辛子に含まれる「カプサイシン」が多く含まれているため、唐辛子に近い赤色になっていますが辛味はほとんどありません。他のパプリカと比べて甘みと酸味のバランスが良いとされています。黄色のパプリカには熱に強いビタミンCとルテインが多く含まれており、美白効果や美肌効果が期待されます。他のパプリカと比べて苦みが強いのが特徴です。オレンジ色のパプリカは、赤パプリカと黄パプリカの中間の栄養素を持っており、両者の栄養に加えてβカロテンが含まれているので、老化予防や生活習慣病予防に効果があるとされています。他のパプリカと比べて特に甘みが強いのが特徴です。調理には油を使用すると、吸収効率アップが期待出来ます。保存では水気に弱いため水分をよく拭き取ってからビニール袋に入れて密封し、野菜室で保存しましょう。

 

レシピ20170803②.jpg

       < パプリカのグリル.pdf >

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧