ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > 鰹の は・な・し

鰹の は・な・し

   鰹は古くから日本人に親しまれてきた魚で、「初鰹」の初夏と「戻り鰹」の秋の2度の旬を迎えると言われており、鰹を食べることで季節を感じるという人も多いのではないでしょうか。鰹は栄養豊富な魚で、良質なたんぱく質やビタミン(特にB群)・ナイアシン・タウリン・鉄・カルシウム・カリウム・EPADHAなどを含み、栄養価の高さはレバーに匹敵すると言われ、これらの栄養素によって貧血予防・粘膜、肌の保護・疲労回復・生活習慣病の予防、動脈硬化の予防、脳の活性化など様々な効果が期待出来ます。鰹を使った代表的な料理は、刺身、煮付け、粕漬け、から揚げなどがあります。刺身は、薬味醤油でいただく他、オリーブオイルと香辛料で和えたカルパッチョや表面を火で炙ってから冷やした、タタキにしても良く食べられています。加工品である鰹節は、旨み成分をたっぷりと含んでいて、出汁をとるには欠かせない存在です。美味しい鰹を選ぶには、身が引き締まっていて鮮明な赤色な物で、ドリップの少ないものを選びましょう。

レシピ201805②.jpg

     <鰹と長芋の薬味かけ.pdf

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧