ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > おかひじきの は・な・し

おかひじきの は・な・し

  おかひじきは海岸の砂浜に自生する野菜で、江戸時代頃には親しまれていたと言われています。現代では山形の特産野菜として栽培され、スーパの店頭でも見かけることが多くなりました。おかひじきは色こそ緑ですが長ひじき(海藻)と形が似ており、ビタミン・ミネラル食物繊維が豊富に含まれる点もよく似ています。おかひじきの注目したい成分は カロテン・ビタミンAビタミンCカルシウム食物繊維で特にカロテン、ビタミンCカルシウムが豊富に含まれ、1/2パック(約50g)食べると、カロテンは一日の目安量がとれ、ビタミンCはゆでると少し減りますが所要量の1/5カルシウムは1/7が取れます。食物繊維は不溶性のものを多く含みます。おかひじきの食べ方はサッと茹でてお浸しや和え物、サラダ、炒め物、揚げ物など色々楽しめ、油を組み合わせることでカロテンの吸収が高まります。おかひじきを選ぶ際のポイントは、葉先が柔らかくハリがあり、緑色のきれいなものを選びましょう。

 

レシピ20180802.jpg

 

おかひじきとささみのからしマヨ和え.pdf

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧