ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > モロヘイヤの は・な・し

モロヘイヤの は・な・し

 モロヘイヤは北アフリカ原産の緑黄色野菜で、古代エジプトでは重病の王様がモロヘイヤのスープを飲んで回復したことから「王家の野菜」とされ、栄養の宝庫として料理に広く利用されてきました。クレオパトラが愛した野菜としても有名です。モロヘイヤは野菜の王様と言われるほど、栄養価が非常に高くビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養補給に最適です。効能は 血糖値を正常に保ち、胃腸の働きを整え、コレステロールを下げる働きがあるほかアレルギー、免疫力の強化などが期待出来ます。他にもカロテン、食物繊維、ケルセチン、マンナン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、カリウム、カルシウム、銅、マンガン、リン、鉄など、とにかく数多く栄養素が含まれており、しかも偏りなく極めてバランスよく高い栄養価を保持し、それらの含有量が他の野菜と比べて非常に多いスーパーベジタブルです。旬の時期に食卓に取り入れてはいかがでしょうか。

 

 

健康レシピ20180831.jpg

 

     <モロヘイヤの彩スープ.pdf

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧