ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > 南瓜の は・な・し

南瓜の は・な・し

   南瓜には健康に嬉しい栄養素が豊富で、緑黄色野菜の代表格に挙げられるだけあり、ビタミンの多さが魅力です。中でも優秀なのは体内でビタミンAとして働くβ-カロテンの含有量とビタミンEの含有量で、どちらも抗酸化作用の強いビタミンです。ビタミンAとして働くβ-カロテンは皮膚や粘膜の強化に働くので感染症が流行る冬の時期、ウイルスを寄せつけない身体づくりに大切な栄養素です。「冬至に食べると風邪をひかない」と言われる理由の一つでしょう。加えてビタミンEは血行を促してくれるので、冷えが気になる冬場に摂りたい栄養素です。さらに南瓜は色素成分のゼアキサンチンを含んでいます。きれいな黄色はこのゼアキサンチンや、同じく機能性成分であるルテインによるもので、抗酸化力があり、がんの発症を抑制する働きや動脈硬化の予防・改善が期待出来ます。南瓜の選び方は、ずっしりと重みのあるものが良いとされています。へたの切り口がコルクのように枯れていると完熟しているとわかります。

 

20180929レシピ.jpg

  

   < 南瓜のチーズ焼き.pdf >

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧