ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > なめこの は・な・し

なめこの は・な・し

   お味噌汁の具材として定番で独特のヌメリが印象的なめこ。なめこには、ビタミンB群や葉酸も若干含み、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛などのミネラル類もさほど量は多くないものの含有しています。主な栄養素の補給源としては期待できませんが、ビタミン・ミネラルを幅広く含んでいますので献立にプラスすることで不足する栄養素を補う補助役としては期待出来ます。ぬめりの成分は高い保水性・強い粘性を持ち私達の体内では目や胃腸粘膜の保護や免疫力の向上、腸内環境を整え、粘膜が保護されることでアレルギー症状の予防や改善効果も期待されます。そして肝臓、腎臓、胃腸の働きを強化するので、腎臓の強壮作用によってむくみや高血圧の改善も期待出来ます。なめこは、基本的に生食できませんので、水洗い後に加熱してから食べましょう。ヌメリには有効な成分を多く含んでいるのでヌメリを落としすぎないよう軽く水洗いする程度が良いでしょう。

   これまでのコラムでのムチンの表記について、ムチンは本来「動物」の粘膜・唾液腺などで産生される糖タンパク質が主成分の粘性物質の総称です。納豆やオクラ、里芋などに含まれる植物由来のネバネバ成分も、食品化学分野では一般的に「ムチン」と称されることが多いですが、これらの「植物性の多糖類」は、動物の粘液に含まれるムチンとは異なります。

 

201811レシピ.jpg

  

        < なめこと白菜の塩昆布和え.pdf >

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧