ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > かぶの は・な・し

かぶの は・な・し

   かぶの歴史は古く「古事記」や「日本書紀」にも栽培の記述があり、その頃は葉を主に食べていたと言われています。かぶ根の栄養はデンプンの消化を助けるジアスターゼや、たんぱく質の消化を助けるアミラーゼなどの消化酵素が含まれ、生で食べると弱った胃や食べ過ぎ胸やけに効果があります。捨ててしまいがちなかぶの葉ですが栄養豊富で、ビタミンAB1B2Cやカルシウム・鉄・食物繊維などを含みます。ビタミンAは皮膚や粘膜を健やかに保ち抵抗力を強化やしビタミンB1.B2糖質脂質の代謝に関与、ビタミンCは美肌や免疫強化をはじめ、ビタミンAと合わせての高い抗酸化力が期待できます。ミネラルカルシウム・鉄は骨の強化と貧血予防に効果があり、食物繊維は便通改善し体内の有害物やコレステロールを排出する働きがあります。かぶを選ぶポイントはかぶ根の表面につやがあり、ひび割れや傷がなく形の良い物を選びましょう。葉付きは、葉が青々としていて茎に堅さがあるものは新鮮です。

 

20181129レシピ.jpg

 

かぶとベーコンのイタリアンソテー.pdf

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧