ホーム >  新着情報 >  健康レシピ ~ 栄養科  > えのき茸の は・な・し

えのき茸の は・な・し

  癖のない味わいと食感が魅力的な「えのき」。白く細長い見た目から栄養が無いイメージですが実は栄養豊富で、精神の興奮を静め腎臓や肝臓の機能を活発にする働きがあるギャバという成分が豊富に含まれ、血圧や精神の安定に役立ちます。他にもエネルギー代謝や疲労回復に効果のあるビタミンB1が含まれ、含有量はきのこ類の中でもトップクラスになります。さらに糖質や脂肪の代謝に関わり消化器を健康に保つ働きのあるビタミンB2やナイアシンが免疫力を高め、抗がん作用もあるといわれるβグルカンなども含まれています。その他食物繊維やビタミンD2の素になるエルゴステロールも含まれています。最近見かける「ブラウンえのき」は野生種えのきと白えのきの交配によって作られた品種で、白えのきに比べ芳醇な香りと強い歯ごたえと甘みが特徴です。栄養面では白えのきの3倍のアミノ酸を含み特に人間の体では作られない必須アミノ酸を多く含みます。えのきを選ぶポイントは軸に張りがあり、袋の中が水っぽくない物が良いでしょう。

 

201911レシピ.jpg

        <PDF中華風ピリ辛なめ茸.pdf

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧