ホーム >  院内感染防止対策について

院内感染防止対策について

[ 院内感染防止対策に関する基本方針 ]

当院の全職員は、院内感染の拡大を防止するとともに、全ての患者、訪問者、職員など全ての対象者に対し院内感染から防護する責務を担っている。そのため、感染管理組織を整備し、感染管理のためのサーベイランスを軸に院内感染の監視とケアの改善を実施する。院内の感染情報を全職員が共有し、発生動向を速やかに察知し、迅速な対応により感染拡大を防ぐ。また、全職員は感染対策ガイドラインを遵守し感染対策の標準化と検出された微生物や拡散の程度に応じた適切な感染経路別予防策を実践する。更に院内外の感染発生情報を全職員が共有し、発生動向を速やかに察知し、迅速な対応をするとともに感染発生事例を解析・評価し感染対策の改善に活かして行く。この感染対策に関する基本姿勢を職員に周知し、医療の安全を確保し信頼される医療サービスを提供する。

感染対策指針

[ 院内感染防止組織 ]

[ 院内感染防止対策研修(年2回) ]

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

ページのトップへ