ホーム >  新着情報

新着情報

   いんげんが日本に渡ってきたのは、1654年に中国からの帰化僧である隠元禅師によって伝来したといわれています。隠元禅師によって伝えられたことから「いんげん豆」と呼ばれるようになったようです。いんげんにはさやを食べる「さやいんげん」とさやの中の豆を食べる「いんげん豆」があります。さやいんげん(いんげん)には免疫力を高め風邪やがんの予防に効果が期待できるβカロテンが比較的多く含まれる他、食物繊維による便秘の改善や血圧の上昇を抑え生活習慣病の予防に効果があるとされるカリウム、貧血予防に効果的な葉酸なども含まれます。肝機能を高め、髪や肌を整える必須アミノ酸のリジンや、疲労回復やスタミナアップ効果のあるアスパラギン酸も含まれます。選ぶ際のポイントは豆の形がくっきり出ておらず、全体の太さが均一でピンと張りがあり、綺麗な緑色の物が良品です。いんげんは、乾燥に弱いので新聞紙などに包みポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。食べきれない時は、固めに茹でて冷凍保存も出来ます。

 

20170707.jpg

 

     < 201707いんげんのパルメザンソテー.pdf >

 7月1日(土)パークゴルフ大会を行いました。 開催場所は、北区篠路にある札幌パーク

ゴルフ倶楽部 福移の杜コースです。 ちょっと蒸し暑い天候でしたが、36ホール思い思い

のコース戦略でプレイを楽しみました。 みなさんお疲れ様でした。

 

PKG4.jpg PKG1.jpg

PKG2.jpg PKG3.jpg

6月18日 日曜日、今年も「ママチャリ耐久リレー」に出場しました。 「天気晴朗なれど、向い風

大変強し!」が当日の気象でしたが、何とか4時間の長丁場を乗り越え無事ゴールできました。 

結果は93位とまずまずの成績に、その後の打ち上げで焼肉でたっぷりと栄養補給をいたしました。

061801.jpg 061802.jpg 

061803.jpg 061804.jpg

061805.jpg 061806.jpg

  ブロッコリーは栄養豊富で見た目にも鮮やかな緑色は彩り良く、緑黄色野菜として人気がありお弁当にも重宝する野菜です。ブロッコリーは、地中海沿岸原産のアブラナ科の植物で、カリフラワーと同じくキャベツの変種です。ブロッコリーに含まれる栄養素は、カロテン、ビタミンCB群、葉酸、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、食物繊維などがあり、特にビタミンCはみかんの4倍のビタミンCが含まれます。優れた点はビタミンCだけではなく『スルフォラファン』というフィトケミカルの一種を含み、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、解毒力や抗酸化力を高めます。また、ガン予防効果、ピロリ菌抑制効果があるとされています。ブロッコリーの調理は「蒸し茹で」がお勧めで、加熱しすぎるとビタミンCなど水溶性の栄養成分を大きく損失してしまうので、栄養の流出、破壊を最小限に抑えておいしくいただきましょう。

 

2017れしぴ600.jpg

       < ブロッコリーとタコのスパゲティ.pdf >

 

6月29日(木) 齋藤先生 出張のため代診となりますので、予め

ご承知願います。

   三つ葉は春から初夏の今が旬の野菜で、香りを楽しむ野菜として親しまれていて
思えば主立ったメイン料理にならない野菜ですが
、江戸時代から食べられており独特の風味と香りで食欲を増進させ、日本料理には欠かせないものです。三つ葉の栄養はビタミンA、C、鉄などに優れ、神経系の機能を正常にする働きや神経の興奮をしずめる作用もあり、無用なイライラがなくなりストレスを解消します。ミツバは体内に入るとビタミンAに変わるカロチンとビタミンCが多いので、視神経を活性化するとともに、皮膚粘膜や瞳をきれいにしてくれるので視力の向上が期待できます。また造血作用があり血液の循環をよくする働きとともに、体内を酸性からアルカリにする働きがあり神経系を正常にするので、脳の老化防止や不安定な精神状態がなくなり安眠効果も期待出来ます。三つ葉を選ぶポイントは香りが強く緑が綺麗で、茎の変色や溶けていないものを選びましょう。保存には、濡らしたキッチンペーパーで包み袋に入れて冷蔵庫で保存すると日持ちします。

 

 20170500れしぴ.jpg 

          < 三つ葉とえのき茸のわさび和.pdf >

   スナップエンドウは、グリンピースをさやごと食べることができるように品種改良したもので1970年代にアメリカから日本に広まりました。成長してもさやが硬くならずに柔らかく豆類の中でも甘味が強いのが特徴です。栄養面では他の豆類と同様にタンパク質とデンプンが主成分ですが、βカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・食物繊維などが多く含まれます。体で作ることのできない必須脂肪酸の一つのリジンも含まれ、体の成長を促し集中力を高めカルシウムの吸収をよくする働きをしてくれるので成長期の子供には最適の野菜です。近年、注目を集めているのは、βカロテンとビタミンCの相乗効果による抗酸化作用で免疫力の低下を防ぎ動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の予防が期待されています。βカロテンを多く摂取出来るので皮膚や粘膜の細胞を正常に保ち、水溶性の食物繊維が整腸作用に効果的です。調理法はさっと茹でてサラダや炒め物等の様々な料理に使用され、お弁当の緑の食材としても重宝されます。

 

レシピ20170401②.jpg

     <スナッフエンドウと厚揚げのマヨ醤油炒め.pdf

H29401外来担当医.jpg
2017糖尿病教室.jpg

灯りをつけましょ、 ボンボリに~ ♪  。 みなさん童心にかえって「ひな祭り」を祝いました。

ひ1.jpg ひ2.jpg                                                                      

ひ3.jpg  ひ4.jpg

 

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧