ホーム >  新着情報

新着情報

4月6日(木)、門坂先生出張のため、代診となりますので、
予めご承知願います。
20200324.jpg
20200323外来.jpg
 4月10日(金)、山崎先生出張のため代診となりますので、
予めご承知願います。
 4月3日(金)、工藤先生出張のため代診となりますので、
予めご承知願います。

 ちょっと聞きなれない野菜「ロメインレタス」。日本ではあまり馴染みの無い野菜でしたが最近は栄養価の高さと美味しさから、スーパー等でもよく見かけるようになりました。ロメインレタスの葉の外側の葉には太い葉脈があり、ここを割ってみると乳液状の成分が出て来ます。そのまま食べると苦いのですが、この乳液状の成分に栄養価があるとされ、特に抗酸化物質が多く免疫作用の強化が期待出来ます。栄養成分で特に注目したい成分が、ベータカロテン、葉酸、カリウムが豊富で、ベータカロテンは抗酸化作用や免疫力のアップ、必要に応じてビタミンAに変換され活性酸素の除去、視力回復など必要不可欠な栄養素です。葉酸は体内の細胞分裂やDNAの合成に必要な大切な栄養素で、ロメインレタスにはレタスの1.7倍もの葉酸が含まれます。カリウムは体内の余分な塩分を排出してくれる働きがあるので高血圧予防に効果的です。ロメインレタスは葉が肉厚でしっかりしているのでサラダの他にも炒め物や煮込みなどでも美味しく食べられます。

 20200228ロメ.jpg

       <ロメインレタスの肉巻き.pdf


20200227面会制限.jpg

 大豆は古くから日本で親しまれてきた食材のひとつで、豆腐・納豆・味噌・醤油など和食に欠かせない食品です。大豆が畑のお肉と呼ばれているのは、大豆に含まれる豊富なたんぱく質がお肉に匹敵するためです。大豆の栄養は三大栄養素である炭水化物・たんぱく質・脂質をバランス良く含む他、食物繊維・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンE・ビタミンB1・葉酸など様々な栄養素を含んでいる自然のバランス栄養食と言えます。さらに大豆に含まれる機能成分には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンがあり、骨粗鬆症の予防や更年期障害の不調改善などの作用が期待されています。また大豆レシチンには総コレステロールの低下作用、大豆サポニンにはがん・動脈硬化症の予防、血中脂質の低下作用などが期待されています。大豆は加工することで栄養素が増える物や消化吸収が良くなる食品もあります。大豆・大豆製品を毎日の食事に取り入れてはいかがでしょうか。

2020020レシピ.jpg

< 大豆のバター醤油炒め.pdf >


新春恒例の「そば打ち」学習会を開催いたしました。

20200122そば⑧.jpg 20200122そば②.jpg

 20200122そば①.jpg 20200122そば⑦.jpg

20200122そば③.jpg 20200122そば④.jpg

20200122そば⑤.jpg 20200122そば⑥.jpg

 

20200106河.jpg   明けましておめでとうございます。

  今年はいよいよオリンピックの年となり、西成病院もおかげさまで、開設30

周年を迎えます。

  さて少子高齢化はさらに進み、高齢化に伴う医療費の増大が懸念されて久し

くなります。また昨年、1回2億3000万円という薬が出たように、医学の進歩

より高額な治療、先進医療が医療費に拍車をかけています。平均寿命と健

康でいる年齢とに約10年の開きがあります。要介護となる前にフレイルと呼

ばれる虚弱状態があり、栄養失調、精神的不安定いろいろなものが絡んでま

いります。典型的な症状は、筋肉量の低下が目立ち、握力や、歩行速度が落ちてきます。健康で長寿を

目指すためには、病気の予防が欠かせません。日頃から持病のコントロール、感染症予防、栄養は積

極的に、日常運動、動き、歩く、社会と繋がり、一人こもらない。日頃からの意識でこれらは実現可能な

ことです。ぜひ今年は「健康で長生き」を実践してみてください。

                                                                                               社会医療法人延山会 理事長 河 口 義 憲

 

 

 

皆様、明けましておめでとう御座います。

                                    20200106西.jpg

当院は新築して7年目となります。この間、徐々に施設の充実を図ってまい

 

ました。的確な診断治療が出来る様に磁気共鳴画像診断装置(MRI)の

 

導入もい、CTとともに日々の診療に大変貢献しております。

 

当院は急性期の一般病棟と慢性期の療養病棟を併設しております。

 

 昨年1年間で延べ3万5千人の患者様に入院して頂いております。更に地域

 

の患者様の信頼に答えるべく日々努力していく所存であります。当院は内科

 

の病院で、循環器、呼吸器、消化器、糖尿病・内分泌、リウマチ・膠原病の診

 

療科があり、それぞれ専門医が診療にあたっております。又予防医学の観点

 

から、健診業務にも力を入れており、健診センターを中心にご要望に答えられ

 

よう体制をとっております。以前より訪問診療も行ってまいりましたが、本年

 

は更に受入人数を増やして皆様のご期待に応えらますよう、検討しております。

 

本年も充実した内容で安心して受診して頂けるよう診療体制をとってまいりますので、

    宜しくお願い申し上げます。

                                                  社会医療法人延山会 西成病院 院長 西   研

                                                                  

 

 

 

 

  

 

 

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
  • 法人の決算状況等
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧