ホーム >  新着情報

新着情報

季刊誌「にっせい」第11号 発行しました!

0709にっせい.jpg

 7月1日 西成病院は開院25年を迎えました。 外来診察終了後、2F会議室において開院記念式と

勤続表彰式をおこないました。 これからも皆様から信頼される病院として、地域医療を担います。

201507011.jpg 20150701.jpg

  たこは、日本人には馴染みが深く、好きな魚介類のひとつですが、味わい深い国産品は高級で、一般にはあまり出回りません。弥生時代の遺跡からタコ漁に使われる「タコつぼ」が発見されており、この頃から日本人はタコを食べていたのではないかと考えられています。日本は世界のタコ消費量の約6割を占め、特に関西地方での消費量は多くなっています。脂肪が少なく低カロリーなので、ダイエットにも適した食材です。栄養素は良質たんぱく質、カルシウム、亜鉛、ビタミンE、タウリンを豊富に含みます。抗酸化作用の強いタウリンには血圧の上昇抑制や、コレステロールや血糖値の低下、心臓や肝機能を高めたり、肝臓の解毒作用を強化します。たこを選ぶ時のポイントは、生は吸盤の吸い付きがよいものを、ゆでだこは弾力があるものが良いでしょう。冷凍保存をする場合には、内臓をとって塩でよく洗い、しっかり水気をふいてから空気に触れないようにラップをして冷凍すると美味しさが保てます。

201507レシピ.jpg

 

肝ウ3.jpg

           肝炎ウィルス検査のごあんない:  http://www.nissei-hp.com/checkup/kanen-kensa.html

 

 

6月21日日曜日 第15回北海道ママチャリ耐久レースが東区のモエレ沼公園で開催され、当院男性有志9名が初出場しました。

初夏の日差しの下、登坂や迎い風にも負けずにひたすらペダルをこぎ続け、1周3.5キロのコースを4時間27周で完走しました。

ちゃり1.jpg ちゃり2.jpg

ちゃり3.jpg ままちゃり5.jpg

4ままちゃり.jpg  ままちゃり6.jpg

 

 

 

 

 

 鰯は私達日本人にとって、昔から食生活の土台としてなくてはならないたんぱく源でした。鰯に含まれるたんぱく質や脂肪は良質なのは勿論、ビタミンB2やビタミンDも含まれているため、皮膚や爪などの再生や成長、カルシウムの吸収を助けます。当然のことなら、カルシウムがたくさん含まれていますから、まるごとでも食べたい魚ですね。優れた脂はEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪で、血液をサラサラにしたり血栓を防いでくれたり、視力を養ってくれたりする優れものの栄養素なのです。鰯の選び方は肌にツヤがあるもの、ピンと張って身がしまっているものを選びます。あとは、目がきれいなものを選びましょう。丸干しは、色やツヤが良いものを選びます。注意するのは、腹が割れていたり茶色くなっているものです。                                                   

鰯に限らず魚は全般的に鮮度が落ちやすいので、購入後はその日のうちに調理するとより美味しく頂けます。

 

iwasi.jpg

                  

5月25日より外来担当医師が一部変更となりますので、予めご確認してください。

 ※ 松下通明 先生 の担当日 (月曜日午後、1・3・5土曜日午前) が増えます。 

 

20150525外来.jpg

 

水菜は全国的に食べられている京野菜のひとつで、シャキシャキとした歯ごたえと癖のない淡白な味わいが人気の緑黄色野菜です。食べ方は色々で、鍋の具材・漬物・和え物・サラダにと大活躍の野菜で、栄養面では鉄分、カルシウム・マグネシウム・リンなどのミネラルが多く、β―カロチン・ビタミンCが葉野菜の中では豊富に含み、風邪の予防や疲労の回復、肌荒防止、骨の健康維持に効果があると言われています。生で食べてもお鍋にしても、水菜を丸ごと食べることができるので、その栄養を余すことなく取り入れることができます。特に不足がちな鉄分はビタミンCと一緒に摂ることで吸収が高まるといううれしいおまけつきです。水菜を選ぶポイントは葉先がピンとしていて茎は真っ白で細く、スッとまっすぐ伸びて重量感のあるものが良いでしょう。保存は濡らした新聞紙で包んで、ポリ袋に入れて、冷蔵庫で立てて保存します。あまり日持ちしないので、早めに食べるようにしましょう。

2015052レシピ.jpg

            

季刊誌「にっせい」第10号発行しました。

季刊誌「にっせい」第10号.jpg

 キャベツは、ギリシャ・ローマ時代から消化促進作用が注目されていたといわれるほど"胃を守る"成分が含まれていることで知られます。この成分は「キャべジン」(ビタミンU)といい胃の粘膜を再生や強化、胃炎や胃潰瘍などの予防に役立ちます。さらにキャベツに豊富に含まれるビタミンKには血液凝固作用があり、出血した傷口をふさいでくれるほか、骨にカルシウムが沈着するのを助けるはたらきにより骨粗しょう症の予防効果も期待できます。さらにビタミンCも豊富で、美肌を保つためにもいい食材。これらの栄養は特に芯の周辺に多く含まれているので、芯も捨てずに食べましょう。またビタミンUやビタミンCは熱に弱いため、サラダなどで摂取するのが理想的。やわらかく、生で食べやすい春キャベツは、煮込みなどに用いやすい冬キャベツよりも、キャベツの栄養をまるごと摂取できるのです。春キャベツを選ぶときにポイントとなるのは「芯」と「巻き」で、芯の切り口が小さく葉の巻きがゆるやかで外葉にツヤがあるものがよいでしょう。

 201504はる.jpg

  

  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 潰瘍性大腸炎治療支援プログラム
  •  睡眠時無呼吸症候群
  • リウマチ外来
  • 外来担当表
  • 地域医療福祉連携室のご案内 患者様及びご家族様へ 関係機関様へ
  • 求人情報
  • 院内感染防止対策について
  • 医療安全管理について
延山会の施設
北成病院
苫小牧澄川病院
老人保健施設 苫小牧健樹園

月別一覧